診療内容

整形外科

筋肉、靭帯、関節、骨などの運動器のケガと病気を診断・治療します。椎間板ヘルニアに代表される脊椎・脊髄病変、骨粗鬆症、むちうち症、肩こり、手足のしびれや冷え、腰痛、膝の痛みや変形、外反拇趾、小児の成長痛など、幅広い症状に対応します。

●対象疾患
腰痛、神経痛、肩関節周囲炎、腱鞘炎、変形性膝関節症、骨粗鬆症、外傷全般(骨折・脱臼・捻挫・打撲・筋や腱の断裂など)、椎間板ヘルニア、側弯症、スポーツ障害など

●神経ブロック治療について
神経そのものやその周囲に局所麻酔薬を注射することで神経に麻酔をかけ、痛みを軽減させる治療法です。麻酔というと一時的な痛みを緩和する処置と思われがちですが、神経に麻酔をかけることで、血管が広がったり筋肉が緩んだりして患部の循環が改善され、手術や治療後の痛み・こりなどの症状が緩和されます。

●トリガーポイント注射
「月寒東整形外科」では「トリガーポイント注射」での治療を行っています。

<トリガーポイント注射>
筋肉同士は筋膜で繋がっているため、肩や腰に痛みが生じたとき、筋膜を通じて痛みが体中に広がることがあります(このような痛みが数か月続いている病態を「筋膜性疼痛症候群(MPS)」といいます)。このように別の離れた部位に痛みやしびれが生じることを「関連痛」といい、痛みの原因となる筋膜の圧痛点を「トリガーポイント」といいます。「トリガーポイント注射」というのは、この圧痛点に注射する処置のことです。

<エコーガイド下筋膜リリース注射>
当院ではトリガーポイント注射を、エコーガイド下筋膜リリースという方法で行っています。トリガーポイントのある筋膜をエコー(超音波)画像を見ながら薬液の注入を行い、癒着した筋膜をバラバラにはがしていく治療法をエコーガイド下筋膜リリースといいます。

<エコーガイド下筋膜リリースのメリット>
・筋膜を見ながら、確実に針先を進めることができます。
・血管、神経を避けながら、筋膜に刺入することが可能です。

リハビリテーション科

運動機能の障害やケガに対して評価・治療を行い、家庭・職場などで再び健やかな社会生活を送れるようにサポート。
痛みの除去や機能障害(筋力の低下、関節の動きが悪い)の回復をめざし、低周波治療などの物理療法、運動療法を実施。鍼灸も行っています。

●対象疾患
頭痛、首の痛み、肩こり、四十肩・五十肩、腰痛、ぎっくり腰、腱鞘炎、ばね指、スポーツ障害、 テニス肘、手首や腕の痛み、手足のしびれ、膝や股関節の痛み、骨折治療、靭帯損傷後の治療、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症など

メディカルフィットネス・トレーニングについてはコチラ

リウマチ科

関節の炎症により腫れと痛みを生じ、進行すると関節の変形をおこすおそれがある関節リウマチや、それに関連するリウマチ性疾患を専門に診断し、治療します。
正しく治療すれば症状の進行を食い止められますので、不安のある方はお早めにご相談ください。

●対象疾患
関節リウマチ、回帰性リウマチ、変形性関節症、肩関節周囲炎、リウマチ性多発筋痛症、結晶性関節炎(痛風、偽痛風)、溶連菌感染後反応性関節炎、細菌性関節炎、ウィルス性関節炎、膠原病(全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、血管炎症候群)など